読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からのママ修行ブログ

30歳で入籍、31歳で結婚式を挙げた新米主婦のブログです。2016年4月に待望の女の子を出産し、生後7ヵ月で仕事復帰。イクメンの主人とにこにこ娘と3人楽しく生活中!

結婚前にしていた女性のリズム作りについて

sponsored link

今日の内容は、男性にはわかりづらいかもしれません。。

パートナーがいる方も、
結婚はまだ先だと思っている方も、
いつか赤ちゃんが欲しいと思っている方に読んで欲しいと思って書いてみます。


私は、小学生の時から身長が高く、
お赤飯は小5の夏、と少し早めだと思います。

それまでは男の子と間違えられるような
ひょろっと体型だったのが、
(スラムダンクのメガネくんに似ていると言われていました。笑)
急に脂肪が付き出し、胸も大きくなり、
「私って女なんだぁ。」
と自覚しました。

あと、この時期に身長も止まりました。
成長ホルモンが女性ホルモンになった感じ?
悲しい。。
といっても、165あるので大きい方です^^;


前置き長くなりましたが、
色々と早かったので、悩むことも多く、
あとは、健康優良児だったのに、
なんだか不調を感じることが多くなりました。
もちろん、中学生の時には、それが生理のせいなんてわからなかったんですが。

高校以降は、毎月生理痛がひどく、
学校を休むことも。。
あとは、生理が近くなると、普段の下着がつけられないほど胸がはって痛かったです。

大学で一人暮らしをはじめて、
当時の彼氏と半同棲みたいな状態になってから、
生理前に精神的に不安定になることもわかりました…
ケンカは必ずその時期。。
「別れるー!」って怒ってみたり、
急にいじけたり、
友達との約束にも行きたくなくなったり。。


「私の人生、もしかして生理に振り回されてる…?」
と、この頃に気付きはじめました。
PMSを知ったのもこの時。

そこから、ホルモンのことや、
生理前にしない方がいいことなどなど調べましたが、
症状は重くなるばかり。。

就職して、
片道一時間の運転+毎日22時以降までの残業
という生活になると、
生理不順になり、最悪の時は2ヶ月止まっていました(TT)

この時は本当に辛かったー。。

最終的に、会社まで車を運転することも出来なくなり、
近所の産婦人科に駆け込みました。


PMSで仕事に行くのもつらい、
むくみや胸のハリがひどい、
精神的にも不安定になる、
など、症状を説明して、
ピルを試してみようかということになりました。

初めて飲んだのは「ルナベル」という低容量ピル。

あとあと考えると、一緒に出された痛み止めのロキソニンが合わなかっただけかもしれないけど、
ピルを飲み始めてから、吐き気がひどくなり、3ヶ月で中止。。

この頃から、
生理前1〜2日は会社を休まないといけないようになってしまいました。

このままだと、本当に赤ちゃん産めなくなる…
と焦り、県内の産婦人科で評判がいいところを調べまくりました!
先輩に聞いたりもしました。

結果、家から2時間かかる場所だったけど、
とても評判の良い女医さんの婦人科に通いはじめました。


感じたことは、
いい先生は、聞き上手!

わかりやすく体の不調を伝えることは出来ていなかったと思いますが、
しっかり聞いてくれて、
「こんなことある?」
「じゃあ、〇〇かもしれないですね。」
など、会話をしてくれました。

そこで、便秘がひどいということに気付き、
便秘解消用の漢方と、
1日3包飲む体質改善の漢方を処方してもらいました。

ピルが合わなくて心配だったけど、
漢方はすごく体にあったらしく、
便秘はすぐに治りました!
でも、飲むのをやめると元通りなので、
2年は飲みました。
途中、漢方を2種類から1種類にしましたが、
平気でした!

その間も、月に1度婦人科通いをして、
ポリープが見つかったり、
子宮頸がんの可能性があると言われたこともありました。

どちらも手術などしなくて良かったのですが、
気付かず放置していたら…と考えると怖いですね。。


漢方を飲み始めて3年もたつと、
飲むのが当たり前になり、
仕事で無理さえしなければ、
生理が遅れることもなくなりました。

東京に転勤した時も、
紹介状を書いてもらって、
妊娠がわかるまで同じ漢方を飲み続けていました。


他にも、排卵日をすぎたら
カフェインとアルコールを控えたり、
刺激の弱い石鹸やシャンプーを使ったり、
布ナプキンに切り替えたり
(布ナプキンは手入れができなくなり断念…)
色々したのですが、
仕事しながら無理なく続けられたのは、
やっぱり漢方ですね。


漢方は、薬局などで買うと、
1ヶ月分で1万円ぐらいかかっちゃうんですが、
病院で処方してもらえば2千円ぐらいですよ!


あれ?
最後は漢方ゴリ押しになってしまいました。。

が、
正直子供は出来にくいと思っていた私が、
2ヶ月で授かれたのは、
ずーっと生理と向き合ってきたからだと思います!

生理は、毎月憂鬱ですが、
しっかり向き合うと、色々なことが発見出来るので、
健康管理も兼ねて、ぜひ変化を気にしてみてください。


ちなみに、本当に辛かった時に同僚がプレゼントしてくれて、
彼氏にも読んでもらって気持ちが楽になったマンガです。
おなごだもの
おなごだもの