30歳からのママ修行ブログ

30歳で入籍、31歳で結婚式を挙げた新米主婦のブログです。2016年4月に待望の女の子を出産し、生後7ヵ月で仕事復帰。イクメンの主人とにこにこ娘と3人楽しく生活中!

産婦人科おすすめの出産&育児本!

sponsored link

あと少しで冬休み☆
来週は有休で休むので、出勤はあと3日です!

妊娠生活も7カ月目になり、
だいぶ知識もついてきましたが、
まだまだ知らないことや不安なことだらけ。

毎日、ママ用アプリやたまひよサイトで情報収集しています。


私は、出産は広尾の日赤ですが、
普段の検診は【セミオープンシステム】を利用して、
女の先生がいる産婦人科に通っています。

セミオープンシステム 特徴・特色

産科医不足、出産施設の減少、高齢出産の増加などを背景に、多くの妊産婦さんが「無事に産むことができるのかしら」と不安を抱えていらっしゃいます。
日赤医療センターが地域の産科施設と共に推進している周産期ネットワーク オープン(セミオープン)システムは、「妊婦健診は自宅や職場近くの通いやすい診療所で受診し、出産は高度な設備を持つ日赤医療センターで行う」というもの。
妊産婦さんの利便性を保ちながら、それぞれの医療機関のメリットを上手に活用した連携システムで「安全・安心」な出産を実現します。

オープン・セミオープンシステム|センター|日本赤十字社医療センター(渋谷区)


セミオープンにして良かったと思うのは、
いつも同じ先生に診てもらえること。
正直、待ち時間は日赤と変わらず、
大体毎回2時間はかかりますが、
先生も、看護師さんも決まっているので、
とても話しやすく、
「前回はこう言ってましたがどうですか?」
など聞いてくれます。

先生の診察前に、
毎回看護師さんが体重と血圧を測ってくれ、
(日赤の場合はセルフなので、そういうところもセミオープンで良かった!)
その時に、色々質問できるのですが、
毎回たくさん聞いていたら、おすすめの本を紹介してくれました。

それがこの本です♪

安心すこやか妊娠・出産ガイド

安心すこやか妊娠・出産ガイド

  • 作者: 関沢明彦,岡井崇,昭和大学病院総合周産期母子医療センター
  • 出版社/メーカー: メディカ出版
  • 発売日: 2014/07/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

安心すこやか妊娠・出産ガイド第2版 [ 昭和大学病院総合周産期母子医療センター ]

価格:1,836円
(2016/3/24 18:03時点)
感想(0件)

精密な超音波検査をしに行った昭和大学の先生が書いていて、
「私たちも1人1冊持っていて、これで勉強してるんですよ!」
とのことだったので、
検診後すぐに注文しました☆

ネットで調べられることも多いけど、
やっぱり本で見るとわかりやすさが違います!
前に調べまくった低置胎盤も、
簡潔にわかりやすく書いてありました^^;


妊娠初期に買っておけば良かったー!

もし、妊婦さんや旦那様で、
不安を感じている人がいれば、
ぜひ候補に入れてみてください(*^^*)